トマシープの日記

商品紹介、アニメ、旅行記など日常系のブログになる予定。

修論辛い無理。

そもそも辛い状態が無理。

生まれてきて良かったと思ったこともないし、この先生きたいという希望もない。

今が楽しいからそれでいい、というだけの事なのに、辛い状況だと本当に無理。

ニートで生きていきたい。

高校大学は楽しかった。

受験勉強も好きだった。よくできたから。向いていた。

大学合格までは、基本的に勉強ができてテストの点が取れる人間にはハッピーライフ。

きっと勉強が向いていない人は受験勉強とか今の私よりもとっても辛かったんだろうな。

そして私は研究が向いていない。

分からないけど。

たまたま題材がよくなかったのかもしれない。

卒論の時は苦しまなかったし。

 

3年の時の就活も辛かった。色々噛み合ってなくて全部落ちた。

その時はもともと大学院に行くつもりだったから、そこまでダメージはなかったけど、2年後私は死ぬんだろうなと思っていた。

面接先で泣いたし。

でも就活が終わって、卒論がきっかけでUnityを初めて、すぐに忘れていくからメモがわりにブログを書いたら、それが当たった。

私にとても向いていた。

こんなに向いているとはびっくりだ。

しかもそうやってやってきたことが就活につながった。

今度は受けたところ4個中3個も受かった。

自分に向いている職種がなんなのかが分かったのも大きい。

 

体育の授業は辛い。向いていない。

 

生まれてきて良かったって思う瞬間とはいつなんだろう??

恋人とかできた時かな?子供が生まれた時??

そういうのが本当にないから、正直ずっと養ってニートさせてくれって思ってしまうときもある。

産み落としたのはあなたたちなのに、なんで辛い思いして自立しないといけないねん。

2回目の就活前は本当にそう思ってた。

今は一応一人暮らしが少し楽しみなので、そこまでは思っていないけど。

 

修論の話に戻ると、他の研究室や大学がどうなのか全然分からないけど、私のところは本当に疲弊しきった教授のもとで何もない、自分一人でしないといけない状態です。

大学現場の疲労とかはいろんな記事で見るから他のところもそうなのかな?

自分のところがどのくらい底辺なのか、もっと下はいるのかとか何も分からない。

教授なのに事務仕事と講義に追われて研究は一ミリもしてないし、新しいこと何も知らないし、JacascriptとJavaが違うこともわからないし、そして修論も見てくれない。

本当は捕まえたり、ずっと研究室にいたら会えたりするのかもしれないけど、私は忙しい人に話しかけるのが一番苦手なんだよ!!!

研究室もPCが遅いからいたくないし。なにより教授嫌い!!!!

VRに出会えたことは感謝するけど、研究という面に関しては自分でできるすごい人じゃないと本当に無理だから。ばか!!

興味なくてもちゃんとバックアップ?してくれると研究室に行けば良かったのかな?

あと研究室で私が一番底辺で辛いです!!!!

(研究面で)下に見てた人もちゃんとできてるらしいし、私が一番できてないよ!!!ばか!!!

自分が悪いのが一番辛いね!!!

 

簡単に安楽死できる制度があったら死んでいただろうな〜

そりゃ死にたいと思った後に楽しいこともあったけど、別にその楽しいことがなくなったとしても後悔はしない程度の楽しさ。

 

やっぱり生まれてきて良かったと思うのは好きな人と通じ合えたときなのかな

生まれてきて良かった? : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

はあ、あの片思いしてた人が私を好きでいてくれたらそりゃ生まれてきて良かったって思うだろうな〜

いいな〜

このときも同じこと書いてた。

bibinbaday.hatenadiary.jp

そういうのがあったら頑張れるのかな。

いや頑張ればなんとかなるなら私だった頑張るよ。

普通に一人暮らし楽しみだし!

家具買う話が出るたびに、心の底からそれを楽しみたいと思うけど、その前に卒業できるのかという不安で何も入ってこない。

頑張るというか勇気なんだよな〜

いや頑張るのなのか?

 

ちなみに1年前に「嫌われる勇気」を読んで色々変わろうと決心したのですが、結局元どおりになっていますね。

bibinbaday.hatenadiary.jp

結局一人で海外にも行かなかったし、家族との仲も何も変わっていない。

恋人もできてねえ!勇気も出してないし、英語はさらに嫌いになったし、人とおしゃべりもしてない!

「自分は社会不適合者。性格がすごく悪いので集団に入ると嫌われてしまう。

嫌われているのを感じで、1年ぐらいたったら(アルバイトとか、研究室にいるのを)やめてしまう。

死にたいわけじゃないけど、ちゃんと働いてちゃんと研究しないといけないなら、消えるしかない。」

この感情も結局変わってない

社会適合者って、「自分、社会に適合してるなあああ」って思っているのかな?

私が今振り返ったら学生時代の点数主義に適合してたように。

私も社会に適合しないよおお。

今のブログでもうちょっとマネタイズできたらいいなあ。月に1200円しか稼げない><

でもそういえば日経ビジネスに、これからはコミュ障な人も働ける仕事が増えるって書いてた。

ほとんど機械化するから、その中で一人で必要最低限の作業をするだけだから・・・みたいなことを書いていました。よく覚えていない。

そうだったらいいのにな、そうじゃないから、はい牛乳!

社会が自分よりに変われば社会適合者になれそう!

今の世の中にも自分に向いた生き方はあるんだろうけど、それはまだ本流じゃないし、きっと小さくて探すのが大変だ〜

私はずっとレールの上に沿って生きてきたから、あんまりそれたくないな〜

でもそろそろレールがなくなりそう